« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月25日 (木)

中国茶

Dsc07197_2 可愛らしい箱に入った中国茶をいただきました。

まだ試していないのですが、中国人の友人からなのできっと美味しいはず。透明のグラスに入れてお湯を注ぎ、お茶の花が開くのをみて楽しむタイプのお茶。ゆったりとした気分の時に頂きたいと思います。

普段は完全にコーヒー党ですが、もちろん日本茶も中国茶も大好きです。何を思ったのか中国茶のセット(小さな急須とか湯のみなど)を全て日本に置いて来てしまったので、仮ということで普通に日本茶の急須で中国茶も入れますが・・・やっぱり微妙に違います。かなり後悔しています。

Dsc07241 銀色の包みは夫が香港から買ってきてくれた安渓鉄観音。これじゃ全然わかりませんが・・・甘い香りがすばらしく、最近のお気に入りです。湯呑みは妹が去年こちらに遊びに来たときに買ってきてくれたもの。長崎旅行のお土産だとか・・小ぶりで、繊細な梅の手書き模様といい、中国茶にぴったりです。

Dsc07246 ほかにも中国茶専用の湯呑みではなく、あるものを代用。右は前に沖縄の読谷村を訪れたときに買った日本酒用のお猪口。こちらでは(値段のこともあり・・・)日本酒を頂くことはないのですが色合いが大好きでチリパウダーやゴマなどちょこっとしたものを入れて食卓に出すことが多いのです。最近はもっぱら中国茶用。

Dsc07247 これは恥ずかしながらいつ、どうやってうちに来たのかわからないお猪口。でも形からいって中国茶器に見えなくもないような・・・。きっと数年前に中国茶に没頭したときに沢山買ったもののひとつ?何も覚えていない割にはかなり好きなタイプです。

Dsc07240_2 こちらの包みは・・・以前にも書いたバークーテーのお茶。普通に鉄観音ですが、侮れない美味しさです。バークーテー屋さんには必ずテーブルの横にガス台にのったやかんがしゅんしゅん音を立てて沸いています。小さな専用の急須やお湯のみもちゃんと用意されています。お茶は別料金ですが、注文するとこういうかんじの包みをホイっと出してくれるのです。最近お気に入りのお店の包みは大きくて、一度全部急須に入れたら大変なことになってしまったので、最近は残りを頂いて帰り、家でも楽しんでいます。

バークーテーと中国茶の関係は、豚の油をお茶でしっかりと流すこと。だから、家でも食事の後の中国茶は効果的に違いありませんよね?

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火)

中秋の名月

日本は3連休ですね。こちら、シンガポールも昨日は「中秋の名月」という暦上のお盆のような日でした。日本のお月見と同じですが、もっとビッグイベントという感じ。

なんといっても外せないのは「月餅」。日本のクリスマスケーキやバレンタインデーのチョコレートのように、デパートやショッピングセンターは特設会場を設け、各メーカーやホテルのカウンターがびっしり。大勢の人が試食しながら、自宅用、ご挨拶用、という風に沢山買っていきます。私は自宅用に2つだけ。かなり試食をしたので、美味しいものを選んで買うことができました。

しかし・・・!見た目も美しい月餅の写真を撮ったのですが、何故かアップすることができません。ここまで書いて気づいたのですが・・・。未だにパソコンが苦手で対応できないので、分かり次第写真を載せます。

日中はお茶と月餅をちびちび食べながら過ごし、夜は友人夫婦と食事に行きました。ずっと行きたかった「レイ・ガーデン」というチャイニーズレストランです。

Dsc07161 こちらの写真はなぜか載せることが可能。大好物のひとつ、北京ダッグ。クレープが上品な薄さ&味で美味しい。お肉のほうはあとで炒飯にしてもらいました。美味しかったです。

スープは贅沢にフカヒレで。Dsc07162 広東風のどろっとしたフカヒレも好きですが、このお店は白濁した薄味のスープ。美味しい・・・ちょっと恍惚としてしまいました。

Dsc07166他にもたっぷりのねぎや木耳と一緒にいただく魚の蒸し物や、ほうれん草のような野菜のスープ煮など。メニュー選びをお任せしたからか、あっさりとしたヘルシーなラインナップとなりました。

Dsc07164 紹興酒を沢山飲んでデザートも重いものをしっかり食べたので、本当にヘルシーかはわかりませんが・・・中華は自宅でも作れそうなものもありますが、やっぱり大人数でお店で食べるのが美味しいですよね。改めてそう思いました。

| | コメント (0)

2008年9月 4日 (木)

インドmeetsスェーデン

相変わらず出張出張の夫ですが、毎回「何を買ってきて欲しいか?」と聞いてきます。Dsc06769数カ国は私も欲しい物が決まっているので(例えば台湾だとどこどこのお茶、韓国ではあずきのお粥など)それを頼みますが、それ以外の国だと、よく分からないのでとにかく「食材。おもしろそうなもの」と頼みます。本人もスーパーマーケットに行ったりするのが大好きなので、山のように買ってきてくれます。

これはインドのお土産のレトルトカレー。日本のレトルトカレーとほとんど同じような形状。しかしバリエーションがすごいですね。この数倍も種類があったとのこと。ごはんよりもパン(ナン?)にあう味です。インド料理は辛いでしょ?と聞かれることがありますが(シンガポーリアンは辛いものが好きじゃない方が多いです。意外ですが、本当。)北インドの料理はそんなに、というかほとんど辛くないんです。クリーミーで香りがいい、と言う感じ。このカレーもレトルトとは思えない美味しさです。

Dsc07101_2 美味しいカレーにはナンをあわせたい、自分で作ってみようかな。と思っていたところに「IKEA」の食品コーナーでいいものを見つけてしまいました。冷凍の薄パンです。北欧の方はきっとサーモンやサラダを乗せて食べるのでしょうが、食感、味ともにカレーにぴったり。見た目も最高ですね。IKEAに行くことがあったら是非探してみてください。

このブログを書いている最中に、南アフリカにいる夫から電話があり、何を買ってきて欲しいか、と。初めての場所ですが、やっぱりアフリカはワイン?!美味しいワインが手に入るといいな!と期待です。

| | コメント (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »