« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

ロータステンプル

Dsc03397 この巨大な白い建物は「ロータステンプル」というお寺です。以前夫のインド出張時の写真を見て、絶対に見てみたいと思っていたものです。

今回は何も下調べをせずに旅立ったため、ロータスンプルってどこにあるのかな?などと思っていたら・・到着翌日の朝、ホテルのカーテンを開けると目の前にあるではないですか!!これには相当驚きました。夫はいつも同じホテルに泊まるのですが部屋の向きが色々あるので「部屋から見えるなんて知らなかった」とのこと。一緒にびっくりしていました。

実はチェックイン後に「エレベーターの音が大きいので」と部屋を変えてもらっていたのです。そうしなければ、部屋からは見えなかったはず。「これは縁があるのだ!」とその気になってしまいました。

シンガポールの人で以前ここを訪れた方から「あのお寺の中は経験したことのないような静かな場所だった」と聞いていたのですが・・・本当にその通り。携帯電話の使用はもちろん、写真撮影も、会話も禁じられているので、シーンとした空間で(中はかなりシンプルな作りで、ヨーロッパの田舎の教会のようです)、天井の花びら部分から光が差し込みます。そこで、人々は何時間も座っていたり、瞑想の結果なのかなんとも幸せそうに1人ニコニコと笑いながら歩いていたり、とさまざまに過ごしています。私はとくに宗教を信仰してはいませんが、光の中でじーっとしていると「何かが降りてきた」という気持ちになったのも確か。平和な気持ちに包まれました。

しかし、この日の夕方に、新しくできたヒンディーの巨大なお寺にも行ったのですが(とにかく何でも巨大です)、そこでは建物の緻密さに圧倒されたのか、別の原因か、私はバタっと気分が悪くなりしばらく歩けなくなりました。宗教にははやり何らかの力があるのでしょう。

Dsc03423

近づくとこんな感じ。本当に真っ白です。

建物の周りは綺麗な庭のようになっています。 歩く人々の姿も色とりどりで鮮やかです。Dsc03433 向かいにも幻想的な建物が・・・デリーの街中なのですが。やはりインドは深いです。Dsc03438

| | コメント (1)

2008年3月23日 (日)

タージマハル

Dsc03356 タージマハルは昔から「行ってみたい場所」のリスト上位に入っていました。でもインドに行くことはないかも。と思っていたので、今回見られて本当にまだ夢のようです。夢のよう、には他にも理由があるかも。

写真の通り、真っ白なこの建物は確かにそこにあるのに、実際にはないのかもしれないと感じさせる雰囲気。「幻想的な・・」とはよく言いますが、実際に「幻想的」を目の当たりにしたのは初めて。そして「完璧すぎるそのフォルムはどこか病的でもある。」と本に書いてありましたが、そう、少し病んでいる感じがするのです。なんていうか・・見ていると不安な気持ちになるのです。

完全なシンメトリーである事に加え、四隅の塔は正面から見たときに4本とも見える設計。そしてそれぞれがまっすぐではなくほんの少しだけ外側に傾いて作られています。災害など起こったときにメインビルディング側ではなく外に向かって倒れるようにとの配慮から。この時代(1654年完成)の建築技術がどれだけ素晴らしかったのかにもまた感動です。

そうはいっても・・まわりの観光客に感化され、だんだんこんな気分Dsc03248になってみたり・・。

考えることは皆一緒・・?

Dsc03255 Dsc03252

この鶴のような手のポーズをした人が何人も並ぶ光景も楽しかったです。

| | コメント (3)

2008年3月19日 (水)

ツートーン

Dsc03330 インドでびっくりしたこと。カラスがツートーンカラーです!一羽だけでなく、あちらで見たカラスは全てこの色でした。2色のカラス、少なくとも私は初めてみました。一緒にいた人に聞いても「ハイ、カラスですね」という感じで、ツートーンはスタンダード?

こちらに戻りインド人の知り合いに聞いたら「黒もいるけどツートーンのほうが多いかなあ・・・?それってインドだけ?」と逆にびっくりされました。世の中にはまだまだ見てないものが沢山あるんだ。と妙に感動。

インド、行ってよかったです。本当に。のっけからカラスの話題?って感じですが、最近何かと忙しくPCの前にゆっくり座ることができない状態。美味しかったもの、素晴らしかった景色、少しずつこちらでご紹介していきたいと思います。(全部紹介してたら3ヶ月分くらいありそうです・・・!)

| | コメント (0)

2008年3月11日 (火)

明日から

Dsc05577 インドに行ってきます!

チケットが取れたのが先週の金曜日。取れることを見越してビザを申請しておいてよかった・・・。

なので何も予定を立てておらず。でも念願の「タージマハル」を見ることができるだけでもいいのです。もちろん本場のインド料理も堪能しなくてはね!

今回初めての試み。大きなカメラを持って行こうと思っています。旅行はやっぱり小さな方が・・と毎回しり込みしていたのですが、今回は歩き回ることもあまりなさそうだし。一眼レフではありませんが、やはり小さなデジカメよりはいい写真が取れます。マニュアルを色々操作するのも楽しいですし。

いい写真が沢山取れますように。ここでご報告できるよう無事に帰って来れますように!かなりの確立でお腹を壊すよ、と20人くらいに脅されてちょっと弱気になってます・・・。そしてネットで調べたら最高気温は39℃なのです・・・。

| | コメント (0)

2008年3月 5日 (水)

インディアンプレート

Dsc05572 シンガポールはインド系の移民の数が多いため、美味しいインド料理レストランが沢山あります。私は北インドのちょっとクリーミイなカレーにナンという組み合わせが大好きなのですが、ここでは南インドの方が主流。どんな感じかというと・・

近所にあるお店ではカウンターに行ってカレーを選び、席に戻るとバナナの皮をぺらんと置かれます。そして、ライス、チップス(のようなもの)、ピクルス、ライスにかけるグレービー・・とそれぞれ違う担当者が入れ替わり立ち代りやってきてはバッバッと置いていきます。折角色々なカレーを食べるのにカレー味のグレービーをご飯にかけると味がわからなくなりますよね。しかし毎回制止するのを忘れ(すばやいので)、写真のような状態で食事が始まります。

このときは女性2人で3種類のカレー、タンドーリチキンにコロッケなどをオーダー。店員さんにも「多くないか?」と心配されましたがもちろん大丈夫!ほうれん草とチーズのカレーはあっさりヘルシーな味の中にもコクがありナンが欲しくなる・・・手前のカレーはラム。カレーというより激辛煮込み。でも美味しいです。奥は大好物のバターチキンですが、何でも美味しいこの店でこのバターチキンだけが「まあまあかな」なレベル。でもどうしても頼んでしまいます。

学校のクラスメイトにもインドからの留学生やインド系シンガポーリアンがいて、彼らは「インド料理以外はあまり食べないなー」というほど自国の料理が大好き。かたや私は「日本食なくても生きていける」という自分をちょっと恥ずかしくも思いながら、各国の料理を食べ歩く毎日・・です。

| | コメント (1)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »