« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月29日 (火)

豆はいいですね!と書きたかったのに・・・

1月初めから復活した学校、1ターム終わり今月は色々あるので休むことにしました。Dsc03100

なので今週から自由時間が沢山。久しぶりに豆を炊こうかなあ。と、昨日の夜から大豆を一袋、水に浸して戻しておきました。500g!結構な量です。朝起きてからことこと煮て、半分は冷凍し、半分は色々と調理。台所にこもるのも久しぶりで、しかも大好きな豆料理。なんだか楽しくなってしまいました。

これはとてもシンプルな甘煮。きっちりと砂糖を加えてクリアな甘さにします。醤油はほんの少し。お茶うけに良さそうな味。

次は昆布や唐辛子と一緒に酢漬けに。ごはんがすすみそうだし、おつまみにもいいかもしれません。冷蔵庫で保存すればここでも4~5日は持ちそうです。(瓶が逆さまなのはわざとです)

Dsc03106_2 ぽりぽりと味見をしながら次々と料理していきます。

そして、今日の夕食にと冷蔵庫にあった野菜をすべて豆と同じように切ってトマト味のスープに。味つけは塩少々のみ。食べるときにオリーブオイルと黒胡椒を挽いてかけよう。とか思いながら。見るからに栄養たっぷりでわくわくします。

無心で料理をし、写真を撮って(久しぶりに自作の料理がブログに載せられるから・・)片づけを終えて一息ついているとDsc03113どうも目に違和感が・・。鏡をみたら・・

「!!!」目の下が2cmほどプックリと水疱のようになっている!!丸い生き物が入っているみたい!ピクピク動くし、とにかく怖い。時間外でしたが慌てて病院へ。先生にも「何だろう?何だろう?」と不思議がられる始末だったのですが。おそらく今風邪を引いているのでその菌が入ったのでは?とのこと。それは過去にも鼻の横のスペースに菌が入って腫れたり、手に毒が回って腫れたりという経験があるのでわかります。

「あと、今日は何食べました?」と聞かれて考えると大豆しか食べてない。豆乳も飲んだし・・・。私は大豆アレルギーはないと思うのですが(大好きでよく食べますし)豆乳で目が腫れる人は知っています。まさか今更?念の為、2日くらい大豆は食べないようにと言われてしまいました。しかし、これらをどうすれば・・・?夫は出張中、冷蔵庫の野菜は使いきってしまった、目が見づらいので買い物する元気もなく帰ってしまい、冷蔵庫にあったのは卵。今日の夕食は目玉焼きを乗せただけのご飯になってしまいました。

豆は身体にいい、美味しい、調理法によって色々な顔をみせてくれる。最高ですよね。と書こう!と思いながら半日料理をしていたのに食べられず・・・とても悲しい1日になってしまいました。原因が別のものだったら良いのですが・・・。

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

痛くないって・・

Dsc04749 今日はインドの宗教的な祭り「タイプーサム」の日でした。こちらに来てからとても楽しみにしていたイベントのひとつ。どんな祭りなのかというと・・・。

写真の通り身体に長い串を無数に刺して歩く。というもの。口の横が見えますか?しっかりと串が貫通しています。間近で見るとかなりの迫力。体のほうは皮膚にひっかけるようにして長い串を刺し、その先には大きくて派手な枠を飾ったり、その枠に神棚を乗せたりして負荷をかけていたり。と個人個人で違います。どうみても痛そうですが、信仰心が強ければ痛みを感じないそうです。一種のナチュラルハイ?日本も含めてお祭りというのはそういう状態が往々にしてあると思うのですが、串はちょっと・・・。でも隣で見学していたインド人のおじいさんは「痛くないんだよ、すごいだろう?」と言っていました。ご本人は見ているだけなんですけどね。

ずっと見ていると同じコンセプトでも個性を出して(家族と自分で決めるのでしょうか?)色々な人がいて興味深いのです。Dsc04747 Dsc04745 無数のライムをぶら下げた方。串の先にもライムがついています。ライムはピアスのように引っ掛けタイプです。女性が串を刺しているのはかなりレアケース。

大体が家族や親戚、友人に囲まれて周りが歌ったり笛を吹いたりして盛り上げるか、友人がとなりでずっと話しかけ(下3枚の右上)痛みを忘れさせるらしいのですが、中には団体の中さりげなくふらりと一人でやってきました。という男性も歩いていて、さすが、というか悟った表情には少し感動もしました(左下)。ベテランほど串もシンプルです。沢山つけている人は、数歩歩くごとに「痛たたっ」と飾りが倒れ、家族があわてて戻したり(一番下)(やっぱり痛いんですね)。でもシンプルな方が感覚も分散せずに痛いのでは?とも思うし。

でも家族や親戚にとっては大変誇らしいことらしく、つらそうな本人とは対照的にものすごく嬉しそうな人が多かったです(右下)。写真はありませんが、夜には再度ゴール地点に見学に行き、全てが終わって串を抜いた人たちも見ました。家族は恍惚としながら唸ったり祈ったり・・・本人はすっきりした顔でスポーツドリンクを飲んだり・・・。なんだかマラソンにも似ているなと思いました。苦行の後のシンプルな喜び。最近そういうの経験してないなあ・・・。と自分を省みる日でもありました。

Dsc04782 Dsc04776

この祭りは早朝から始まり、翌日の未明まで続きます。このブログを書いている今頃も、沢山の人がゴールの寺を目指して歩いているはず。

Dsc04769

Dsc04797_2

| | コメント (1)

2008年1月 9日 (水)

実現編

Dsc01391_2去年の話ですが・・マングローブの中をカヤックで進む。が、素晴らしい形で実現しました。

Dsc01381_2サンライズとサンセットと迷ったのですが、朝の方が晴れ率が高いと聞いてサンライズに。朝4時過ぎにホテルに迎えが来る。という容赦ないツアーです。まだ真っ暗なうちに水上生活をする村の普通の御宅に到着。美味しいローカルコーヒーをご馳走になってなんとか目を覚まし、夜明けの川に出発です。なんと参加者は私達2人だけ!だったので、ガイドさんにカメラを渡し、写真も沢山撮っていただけました。

マイナスイオンたっぷりの大自然の中、美味しい空気を体いっぱいに吸い込んだ・・ところにガイドの方がカバンから取り出したのはこれ! 最高に美味しかったです。朝7時前からビールを飲むというのもなかなかないことですよね。

右は水面に映った空。ずっとここにいたいなあ。と真剣に思いました。本当Dsc05091_2に。Dsc05101_3

| | コメント (2)

2008年1月 8日 (火)

カエルの・・・

Dsc00478 お正月、皆さまはどうお過ごしでしたか。こちらは2月の旧正月がメインの祝いなので、元旦のみが祝日です。私も2日から久しぶりの学生生活に戻りました。しばらくはまた勉強勉強の毎日。旅行もいったんお休みです。

そんな毎日で一番素敵なリフレッシュは、もちろん美味しいものを食べに行くこと。先日は友人の送別を兼ねて、フカヒレやあわびなど高級食材のオンパレードという贅沢な中華ディナーに行ってきました。でも日本で食べるよりはずっとリーズナブルです。

この写真、なんだかわかりますか?答えは「カエルの卵巣」。デザートの一品です。私は二の足を踏んでトライできなかったのですが、夫が迷わずオーダー。お肌にいいのはもちろん、女性のホルモンバランスを整えてくれるそうです。お店によっては生臭かったりもするそうですが、今回のはとても食べやすくつるっとした食感と喉漉しにほんの少しえぐみがある、割と好きな味。一口だけといいながら半分くらい奪って食べてしまいました。

Dsc00443 Dsc00463 左がフカヒレで右があわび。どちらもこんなにがっつり食べるのは初めてなのですが・・やっぱり感動的な美味しさ!!でも写真で見ると同じ感じですね。カメラの腕の問題か?カニの下にある春雨は本当に本当に美味しくて、しばし全員無言に・・・。

カエルの卵巣の他にも亀ゼリーやヤム芋、椰子のシロップ漬けなど、身体にやさしいデザートが豊富なのもポイントの高いお店でした。

Dsc00475_2 Dsc00457 

今年も美味しいものを沢山食べるため、まずは健康をキープ。が目標です。珍しいものを食べたらまたここで報告しますね。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »