« やさしい味 | トップページ | 再びカンボジアのこと »

2007年9月26日 (水)

KOREA!

Dsc04288 好きな食べ物は?と聞かれたら「韓国料理です」。

韓国に行くたびに感動しながら食べまくり、日本の韓国料理店は美味しいところも多いので気が向けばすぐに食べに行けた。そんな環境からこちらへ来てみて、意外に韓国料理やさんが少なく、また味も(私的には)ちょっとなあ。というところが多いので落ち込んでいたのです。

そんなところに韓国人の友人から「ステイ先でワインパーティやるから来ない?」とのお誘い。行かないわけがありません。

その友人は家庭教師だった女性が、現在お子さんの英語教育のためにこちらに一時的に移り住んでいるためその家にホームステイしているのです。お店ではなく、実際に韓国のお母さんの作った料理が食べられるなんて夢のよう。早速1枚写真を撮って、その後は夢中で食べたため後から出てきた色々なお料理の写真は撮り忘れてしまったのですが・・・。キムチいため、カルビ、春巻き(餅入り)、ピビンパッ、ナムル、などなど家庭料理がどんどん出てきます。ワカメスープなんてぞくぞくするほど美味しかった。「これが韓国のお母さんか!」という、明るくて「どんどん食べなさい!!」的な彼女はやっぱり立膝座り。韓国ではお母さんは食べ物を追加するためすぐに立てるように立膝で座るのが伝統なのです。だから椅子の上でも立膝。料理も大人8人に対して20人分??というくらい出てくる・・。

久しぶりの美味しい韓国料理とワインで幸せな気持ちになっていると、帰りには私が料理を入れて持っていったタッパーにたっぷりのキムチを入れて返してくれました。きゃあきゃあ興奮していたらこちらで注文できるキムチ、その他の韓国料理のお店を紹介してもらえました。韓国語しか通じないので注文時には間に入ってくださるとのこと。こういうときのため、実は私は今韓国語を習っているのです。といってもその友人からなのですが、好きな国の言葉が出来たらどんなにいいかしら。と思って。まだまだ会話というところまで行きませんが、やっぱりがんばりたい!と新たな決意をしました。こちらで知り合う韓国人の方はみんな英語を話すので問題ないのですが現地に行けばきっと今習っていることが役立つことでしょう。

次回は私の食べたことのない忠武キンパッを作ってくれるというお母さんに料理も習えそうでますます韓国にはまっていきそうです。もちろん旅行もしたいけど、ここからだと片道6時間くらいかかるんですよね・・・。

|

« やさしい味 | トップページ | 再びカンボジアのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やさしい味 | トップページ | 再びカンボジアのこと »